2008年12月09日

スプレッドが狭いだけが重要じゃない!?

最近ちょっと感じた事を書きます。
私は、FXを始めた当初はスキャルピングから始めました。
スキャルピングでは、スプレッドは狭ければ狭いほど有利でした。
しかしEAの取引では少し違います。

私は、IBFXとFXDDの2社の口座をメインに使っています。
両社で同じEAを動かしています。
IBFXは、最低100通貨単位で取引ができる反面、スプレッドが開きやすい傾向にあります。
FXDDは、最低1000通貨単位の取引ですが、スプレッドが開きにくい傾向にあります。
どう考えても利益はFXDDの方が大きいと思われるのですが、
実際はIBFXの方が上回ってます。

これは、スプレッドの開きによって両社のテクニカル数値に違いが出て、
エントリーポイントの違いがあるからだと思います。
確かにスプレッドの開くときは相場が変動する時だと思うので、
エントリーポイントの一つだとは思います。

これには驚きでした。不利になるスプレッドの開きが、有利に働くとは・・・
まぁEAの相性にもよりますけどね。
しばらく様子を見てみようと思います。

ブローカー選びは、スプレッドの開きだけではないのかもしれません。。。


posted by myst at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
無料アクセス解析
FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。